FP(ファイナンシャル・プランナー)の「メリット」「活躍できる場所」「仕事内容」について

FP  メリット learning
画像 by せはろ
スポンサーリンク

FP(ファイナンシャル・プランナー)の「メリット」「活躍できる場所」「仕事内容」についてまとめます

FP(ファイナンシャル・プランナー)の「メリット」「活躍できる場所」「仕事内容」について

FP(ファイナンシャルプランナー)って

  • どんなことができる?
  • なにがいいの?

に興味がある方はぜひ確認してもらいたいです

FP(ファイナンシャル・プランナー)の「メリット」

FP(ファイナンシャル・プランナー)資格を取得することでこんな「メリット」があります

年金、保険、税金、金融資産の運用、不動産など、私達の生活に密着したお金に関する広い視野・知識が得られ、ライフプランが作れるようになります。
これは、自分自身の将来のお金の計画を考えるときにとても役に立ちます。

FP(ファイナンシャル・プランナー)として独立するだけではなく、
  企業の中でキャリアアップしたい人
  金融業界・不動産業界・保険業界などに就職・転職したい人
  お金に関する知識を人生設計に生かしたい人

に有効です。

自分自身の人生設計に活用できますFP(ファイナンシャル・プランナー)の知識があると、自分自身や自分の家族を含めた人生のライフプランを作成できるようになります。
  将来にかかるお金を計画的に準備ができる
  不測の事態に備えることができる
  金融商品の知識を生かして、リスクの少ない投資を始めることができる
このように、仕事だけでなく、自分自身の人生設計に役立てることができます

FP(ファイナンシャル・プランナー)の「活躍できる場所」

FP(ファイナンシャル・プランナー)資格を取得することで、こんなところで「活躍」できます

独立コンサルタント

FP(ファイナンシャル・プランナー)として独立する道が開けます。

金融業界や特定の会社にいる場合は、その会社の方針に沿った仕事をしますが、独立FPは完全に相談者の利益のために助言し、サポートすることができます。

就職・転職

FP(ファイナンシャル・プランナー)に転職することで、相談業務を行う事ができます。

FPのお金に関する知識や、顧客に提案するスキルが直接役に立つので、金融業界・保険業界・不動産業界などでは、資格を取ることを奨励する会社が多くなっています。このような会社に就職・転職するためには、FP資格を持っていることは能力と熱意をアピールすることができます。

また、学んだ知識や問題解決能力を活用して、コンサルタントとして活躍することも可能です。

企業内でキャリアアップ

FP(ファイナンシャル・プランナー)で得られる金融知識と提案能力があると、企業内の様々な場面で活躍できます。

最近では、企業内でもコンサルティング能力があると有利な仕事が増えています。

・営業 提案力を生かし、コンサルティング営業により顧客の課題を解決する。
・総務 保険、株式、不動産の知識を活用して業務のレベルアップを図る。
・人事 社員向けの年金セミナーを開催したり、相談業務を行うことで、社員の満足度を高める。
・経営 資金契約やリスク管理などの企業経営を強化する。

これら以外の職種でも、現代の仕事では金融知識や分析・提案能力は重要になってきており、活躍の場面が広がっています。

FP(ファイナンシャル・プランナー)の「仕事内容」

FP(ファイナンシャル・プランナー)の仕事内容の紹介です

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、個人のお金に関する総合アドバイザーです。
  老後の生活資金
  子供の教育資金
  住宅取得時のローン
家計にまつわるお金の相談ができます。

単にお金を増やすとか儲けるということではなく、顧客が望む将来設計に沿って、
金銭面のプランニングやプラン実施のためのサポートをするのが仕事です。

具体的にそれぞれの内容をまとめると

老後資金に関すること

漠然と不安を抱えることが多い老後の生活資金です。
平穏なシニアライフを送るための生活設計・資金計画に関するアドバイスを行います。

老後資金は、どれくらい必要か正確な金額を割り出すのが素人には非常に困難です。
 これまでの貯蓄額
 定年後も勤めるかどうか
 資産の有無
 健康状態
など、資金状況を左右するファクターがたくさん存在します。

このような不確定要素の多い老後資金について
生活費や教育費、保険料、世帯収入などさまざまなデータを勘案して
どれくらいの資金が必要か、大まかな目星を付けると同時に
老後の支出を抑えるための対策や資金を生み出すための方法を提案します。

保険の見直し

生命保険
医療保険
損害保険
火災保険
など さまざまな保険の種類が存在します。
将来起こりうるリスクに備えるための保険も毎月の支払いに悩まされ、
家計の圧迫に苦しむ生活者も少なくありません。
リスク管理を維持しながら、家計に合わせたベストな保険とは何かを顧客と一緒に考えます。

相談者のライフスタイルに合わせ、
 必要な保障(補償)内容と不必要な保障(補償)内容を選別し、
 軽減可能な保険料の額を算出したり、
 適したオプションプランや加入したほうがよい商品があれば
 同時にそれらも提案します。

また、保険の特徴やメリット・デメリットの説明も大切です。

資産運用に関すること

国債・投資信託・株式などの金融商品
マンション・アパート経営、太陽光発電などの不動産を活用
など
資産運用の種類は多岐にわたります。

これら一般的に用いられている資産運用の方法を
メリット・デメリット双方を伝えて全容を明らかにするとともに、
相談者に合わせた資産形成の方法をアドバイスします。

ここで重要なことは、
単に資産を増やすことだけを考えるのではなく、
ライフステージにおけるリスク許容度なども鑑みながら
安全性と収益性のバランスが顧客の考え(希望)と一致しているかを
よく確認しながら最適なプランを作り上げていくということです。

相続に関すること

人間だれしも寿命があります
その寿命を全うした後の相続は
FP(ファイナンシャル・プランナー)にとって大きなテーマの一つです。

相続対策は事前準備が大きくものをいう分野です
上手に対策をしていれば払わなくてもよい相続税が、
何も対策をしないでいるとたくさん納める羽目になったりもします。
また、子どもが家業を継ぐ場合などもしっかりとした相続対策が必要になってきます。

FP(ファイナンシャル・プランナー)についての結論

上で示したように、仕事・プライベートでも「活躍・活用」できる FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

このFP(ファイナンシャル・プランナー)は国家資格であり、試験に合格することで資格を有することができます。

ただ、他の有用な資格に比べて PF資格試験の合格率はかなり高いです

日本FP協会の試験結果からみると

FP2級の合格率:学科が40~50%、実技は50~60%ほど

FP3級の合格率:学科が70~80%、実技は80~90%ほど

です。

有用な資格なのに合格率がかなり高いので、今後 仕事・プライベートで より一層活躍するためFP資格取得を目指すのはとてもおすすめだと思います

資格取得に向けて 独学で進めることもできますが、下のような通信・講座を利用することで、より資格試験合格に近づけることができます

講座名称価格備考
スタディング31,900円FP2,FP3個別コースもあり
ECCビジネススクール59,800円FP2,のみFP3は無料
TAC111,000円FP2,FP3個別コースもあり
LEC東京リーガルマインド111,100円FP2,FP3個別コースもあり
講座名称は各オンライ講座へのリンクになっています。無料お試しがある講座は無料お試しのページにリンクされています。

私が実際に受講している スタディング の活用状況は、

FP技能士資格取得へ
FP技能士(3級) 資格取得に向けて「FP技能士とは」「試験への準備」「自分の試験勉強記録」をまとめていき 資格取得を進めて行きます。この過程が皆さんの何かの役に立てればうれしいです

で確認できますので、参考にしてください

上で紹介している 内容は、

【スタディング公式】もっと知りたいファイナンシャル・プランナー

を参考にさせていただいています

その他リンク

タイトルとURLをコピーしました